名古屋のピラティス「アルピ」について

ピラティスで究極の健康法を身につけよう!

多くのエクササイズ・情報が溢れ、多くの選択肢があります。 その中でもピラティスという自分の身体に最大限意識を向ける時間を持って、 本当の意味での心身の健康を得るヒントを伝えていきたい。

歳を重ねても杖や車椅子に頼る事なく自分の脚で生き抜けるよう、 いち運動療法家としてトータルサポートしていきます。

ここ名古屋の地から今よりも元気な人が増え、 少しでも健康寿命を延ばしていく力になっていければ幸いです。

健康的に歩くイメージ

ピラティスやるとどうなるの?

ピラティスは自ら学ぶから身体が変わる。

微細な身体の動きへ意識を向けるピラティスだから、 脳神経レベルで身体を変えることができます。

道のりは容易ではありません。

本当に身体のスイッチの切替えを内側から変えていくためには、 自分の身体に染み付いた癖に気づき、感覚を変える必要があります。 日頃はオフになっている身体スイッチをオンにするので最初は歯痒いですが 繰り返し行うことで身体にとって本当の意味で心地の良い感覚を養います。

学びが積み上がっていくから、 脳に新たな可塑性を促し、身体の変化をも促していきます。

初めは何が起こっているのか、自分の身体の部位がどうやって動くのかを 感覚の宝探しのように探すことから行なっていきます。

これも小脳を刺激し、固有感覚受容器を刺激することにも繋がっていきます。 まさに身体で覚えるといったところでしょうか。

今までで眠っていた深層筋(インナーマッスル)が働き 内側から身体がバランスを取ろうとしていきます。 身体をコントロールすることを学んでいきます。

その結果として

"姿勢が良くなった"

"疲れにくくなった"

"肩こりや腰痛などの悩みも改善した"

"毎月の周期でイライラの波が小さくなった"

こういったお声をいただきます。

今まであまり使ってなかった部位が働きだすことで身体に良い反応が起きてくるのです。

ピラティスとは

「ピラティス」は「コントロロジー」と呼ばれていました。

1882年ドイツで生まれたJoseph Hubertus Pilates(ジョセフ・H・ピラティス)が 病弱であった自身の身体を克服するために、様々な健康法や運動を実践して 病気を克服して健康な体を手に入れました。

自身の経験から「心と身体は一体である」という考えに基づき 心と身体をコントロールする「コントロロジー」という方法論が考案されたのが始まりです。

バレルに乗る顧客とジョセフ・ピラティス
バレル(オリジナル器具のひとつ)に乗る顧客とジョセフ・ピラティス。
画像引用元:コントロロジー―ピラティス・メソッドの原点(4ページ)
Joseph Hubertus Pilates (原著)、川名 昌代 (翻訳)
万来舎 (2010年)

第一次世界大戦時にジョセフ・H・ピラティスはイギリスで捕虜となり 収容所で仲間の体力と全体的な健康回復を手助けすることをはじめました。

そこで寝たきりの患者のためにベッドのスプリングを取り出しエクササイズ用具を作ったものが、 最初に発明した器具と言われています。

1920年代、ジョセフ・H・ピラティスはアメリカへ渡りニューヨークで バレエダンサーへの指導を始めます。 その評判を聞きつけダンサーだけでなく俳優や近くに住む老若男女に知れ渡り、 多くの人にコントロロジーが認知され始めます。

彼の死後もピラティスという名前に変わってアメリカから世界各地へその意思は引き継がれています。

ピラティスは単なる筋力トレーニングではありません。

自分の身体の細部に意識を向けることで、 身体の奥深くからコントロールすることを練習します。 その結果、身体の奥深くにある細かい筋肉が働き、 それに伴い全体の大きな筋肉も動かされて身体が動きを作ります。

深層の筋肉に意識を向けようとすることで脳も活性化されます。 大きな筋肉だけで動いている日常とは違うことをして、 正しく効率的に全体を動かす事を学んでいくものです。

バレルに乗る顧客とジョセフ・ピラティス
ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス、60歳
コントロロジー―ピラティス・メソッドの原点(68ページ)

はじめての方へ

ピラティスは身体の学びです。 その為にまずは自分の身体の動きに注意を向けていきます。

おそらくこのページを見て頂いているということは、 身体に何か痛みや不安、疑問を抱えているのだと思います。

痛みや不安を生んでしまっている身体の扱い方を変えてあげることで 本当の原因をご自身で感じてもらいます。 次のステップとしてより細かな身体の動かし方を学んでいきます。

フローチャート

学びといっても座学ではなく動きの中で行うことで日常生活にも直結します。 自分の身体の癖を知って理解することで、 自分の身体を自分で整えなおそうとし始めます。 そこまでくると改善のスピードを一気に上がります。

また、痛みがなく競技としてスポーツや芸術に取り組んでいる方にも有効です。 競技ごとに必要な筋肉は違いますし、必要なトレーニングも変わってきます。

その必要な筋肉を支えているのは深層筋です。 筋肉は解剖学的にはそれぞれ部位に分かれていますが、 働きは筋繊維の繋がりで収縮・弛緩を繰り返して身体の動きを作っています。 身体の奥にある深層筋(インナーマッスル)を自分の意思で働かせることで、 基盤となる始動筋が働き始めてから大きな筋肉が働きハイクオリティなパフォーマンスに繋げることもできます。

恥ずかしながら、私自身も劇団四季で毎日の舞台に出演していた頃よりも ピラティスに出会って実践し始めた今の方が、 身体の軽さや毎日のメンタル面の全てにおいて年齢は重ねておりますが 自己ベストな状態を実感しております。

ピラティスの恩恵は多岐に渡ります。 それは元々が健康を得るために生まれたからです。

近年ではピラティスの効果におけるエビデンスも出てきております。 日本はまだまだ少数ですが、世界ではスポーツ外傷、身体的外傷(ヘルニアや股関節痛など)の症例に対してピラティスが与える良い研究結果が上がってきております。

コアな研究ではありますが身体的疾患への好影響も研究されてきております。

老若男女どなたでも取り入れることができるものと考えていただければ幸いです。

プロフィール

プロフィール

氏名:伊藤礼史

愛知県名古屋市に生まれ、
幼少期から大学3年までを地元名古屋の地で過ごす。

名古屋中学・高校を経て中京大学に入学。

2008年 劇団四季研究所へ入所

劇団四季での舞台出演は下記参照

2008年7・8月
「むかしむかしゾウがきた!」東京公演
九郎右衛門(後ろ足)役

10月~12月
「むかしむかしゾウがきた!」日産労連チャリティー公演
九郎右衛門(後ろ足)役

2009年1~3月
「むかしむかしゾウがきた!」全国公演
九郎右衛門(後ろ足)役・男性アンサンブル

2009年4月・5月
「オペラ座の怪人」大阪公演
男性アンサンブル

2009年8月~2011年1月
「オペラ座の怪人」名古屋公演
男性アンサンブル

2011年3月~8月
「オペラ座の怪人」京都公演
男性アンサンブル

2011年10月~2013年6月
「オペラ座の怪人」東京公演
男性アンサンブル

2008年~退団までに
「美しいの日本語の話し方教室」にて
小学5・6年生を対象に話し方教室も担当した。

劇団四季を退団後は地元名古屋にて
オフィス専門のビル仲介会社営業マンへ転身
学びも多かったが自分の肌に合わなかったのか
心と身体のバランスを崩してしまい退職

2015年8月 全国に大型展開している
「BASIピラティススタジオ」(株式会社ぜん運営)
にて勤務し、ピラティスを学び始める。

米国最大級のピラティス教育団体BASI Pilatesで
「BASI Pilates Certified Comprehensive Instructor」の資格を取得。

2016年には「BASIピラティススタジオ新宿店」
の店長も務め、主に本郷三丁目・銀座・新宿・
三田・渋谷スタジオに勤務して、月間100本以上
のレッスン、年間1300本以上のレッスンを担当してきた。

スタジオでは高校生から80代の方まで幅広く
レッスンで担当し、自身のこれまでの経験から
ダンサーやスポーツ選手へのプライベートレッスンも担当。

目の前で痛みや疾患を抱えたクライアント様の
身体が変化するのを、何回も間近に見てきて
ピラティスの持つ力にこちら側が何度も感動させられた。


体験レッスンなど ピラティスに関することは、
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ


Follow Me
Follow Me
Follow Me